生活

数千軒が未だ停電 激しい暴風雨で シドニー

【シドニー1日AAP】   先月26日の激しい暴風雨による落下事故の影響で、1日現在未だ4100軒の家が停電になっているという。

 

電力公社オースグリッド(Ausgrid)によると、4万7000軒以上もの電力は復旧しており、未復旧の家庭も迅速に対応していくとした。

 

同公社によると、暴風雨によりネットワーク用の個人の電柱が著しく被害を受けているケースが多く、規制により同公社のスタッフがネットワーク機器を修理することができないため 復旧が遅れていると説明している。

 

このため、ネットワークが繋がらない家庭に対して、有資格の電気工事業者にネットワーク機器を修理してもらってから、同公社がネットワークへ再接続できるようにしてほしいと述べた。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

SA州、NSW州との州境再開へ

【SA22日】   SA州は、22日中にNSW州で新型コロナウイルスの市中感染が確認されなければ、24日から同州との州境を再開すると…

一般

クジラ270頭が座礁 TAS州

【TAS21日】   TAS州西海岸沖で、ゴンドウクジラおよそ270頭が座礁している。海洋保護専門家らは大規模な救出作業を開始する…