政治

経済刺激策 第2弾は観光業の支援に

【キャンベラ17日AAP】   新型肺炎による経済への影響が懸念されるなか、連邦政府は第2弾となる大規模な経済刺激策を発表するとみられる。

連邦政府は先週、新型肺炎関連の経済刺激策として176憶ドルを拠出すると発表した。第1弾には、中小企業への支援および助成金を受給する世帯への1回限りの補助金支給が含まれた。

コーマン予算相は17日、「閉業や失業は現実問題として避けられないだろう」「影響を最も受けるホスピタリティと観光セクターへの支援を焦点に置く」とスカイ・ニュースで話した。国内の労働者13人に1人が観光セクターで働く。カンタス航空は国際線を90%、国内線を60%減便すると発表した。

野党労働党は、航空会社従業員への支援を求めるとともに、カジュアル労働者や保育職員らへの支援が十分でないと訴えた。

NSW州政府も17日、23憶ドルの経済刺激策を発表した。内訳は保健に7億ドル、雇用創出と減税に16億ドルだ。

オーストラリア準備銀行(RBA)は、今年1-3月期の輸出サービスが10%減少すると見積もる。国内総生産(GDP)の伸びも同時期におよそ0.5ポイント減少すると予想される。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

12歳少女、銀行に押し入る SA

【パース31日AAP】   SA州で12歳の少女を含む2人組が、ショッピングカートを使って銀行に押し入った。2人は別の事件の保釈中…