一般

カーラリー参加で多数に罰金 ブリスベン

【ブリスベン6日AAP】   ブリスベン南部で大規模なカーラリーが行われ、社会的距離を取らなかったとして参加したドライバーや乗客60人近くに罰金が言い渡された。

QLD州警察は4日夜、ロッシュデールで行われたカーラリーを強制捜査し、60人近くに新型コロナウイルス関連の罰金1,334ドルを科した。車両150台を含む大規模なイベントで、警察から逃げようとした際に沼地にはまる車両も複数あった。

スティーブ・ゴルンシュスキー警視副総監は、「あからさまに州民の命を軽視した行動だ。度を超えている」と話した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

久々にパブ再開 NSW

【シドニー1日AAP】   1日、NSW州で新型コロナウイルスの規制が緩和され、パブやクラブが再開した。 シドニー中心レッド…