ビジネス

パイロットに脱穀機運転の研修 WA州

【WA27日】   WA州で今年、1,450万トンの穀物が収穫予定だ。国境・州境封鎖による労働者不足を受けて、仕事を失った国際線パイロットが脱穀機運転の訓練を受けている。

リー・ウェブスターさんは例年、バックパッカーや移動労働者に農業研修を行う。今年は収穫作業機の運転手が1,000人以上不足しているとして、パイロット9人に刈り取り脱穀機の運転を指導した。全員が航空会社から無期限に一時解雇を言い渡されており、1人は「航空機とは少し異なるが、楽しみだ」と話した。 ウェブスターさんは「パイロットはスキルが高いが、忙しい収穫期に新たな大きな機械を運転するのは危険」「他州から経験者が働きに来られるよう、州境を開けてほしい」と話した。

WA州は農業職を引き受けるよう州民に奨励しているが、生産者は期限内に穀物を収穫しなければならない。アルバリー近郊サウス・スターリングで穀物を生産するカーウェンさんは、6週間で従業員25人を必要とする。通常は欧州やニュージーランド、国内東部から作業者を得てきたが、今年は人手の確保が間に合うか自信がないという。

一方、WA州で退職した運送業のドライバーも復職を求められている。荷物を積載した連結トレーラーは長さ36メートル以上、重さ120トンにも上り、運転技術と経験が求められる。

ソース:abc.net.au- Border restrictions see out-of-work pilots retrain as machinery operators for WA grain harvest

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

3歳女児不明、誘拐事件か QLD

【QLD19日】   ブリスベン南部で3歳の女児が不明になっている。警察は、重大な危険を伴う誘拐事件とみて、女児と一緒にいた3…

一般

VIC 新型コロナ規制を緩和

【VIC18日】   VIC州で19日から、新型コロナウイルスの規制が緩和される。メルボルン住人は100日以上振りに2時間以上外出で…