一般

全国住宅価格 今年17%上昇と予想

【NSW25日】  オーストラリアの住宅価格は今年、シドニーやパースなど主要都市を中心に17%の急上昇が予想されることが分かった。1980年代以降では最も速い伸び率となっている。シドニーの住宅価格の中央値はすでに110万ドルに達し、今年は19%上昇と15年以来で最大の伸びとなる見通しだ。

 

住宅価格の高騰は特に、都市部で初めて住宅の購入を検討している人たちに大きな打撃になるとみられる。13万5,000ドルの貯蓄を行った人が、シドニー近郊で最も住宅価格の低いサバーブで住宅を購入出来なかったケースも出ているという。

 

他の都市では、パースで住宅価格が今年19%上昇するほか、ホバートが18%、メルボルンとブリスベンがそれぞれ16%、アデレードが13%となっている。ANZ銀行は今年、全国で9%の上昇を予想していたが、低金利、移民の減少、コロナを背景とした貯蓄の増加などがこれを大きく押し上げたと分析している。

 

ソース:news.com.au-Australian house prices forecast to see their sharpest rise since the 1980s

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利1.85%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…