一般

NSW州民、これまで1460億リットルの水を節約

水の使用制限が義務化されて以来、NSW州の住民は、約12%、1460億リットル以上の水を節約していることがわかった。

NSW州公益事業大臣カール・スカリィ氏によれば、節約された水量はシドニー、ブルーマウンテン、イラワラ地区への合計給水量3ケ月分と同じであるという。
「シドニー、ブルーマウンテン、イラワラ地区の住民は、この100年で最も深刻な渇水状況の中、大いに貢献してくれた」と、大臣は声明の中で州民を褒めたたえた。また、水道管の水漏れもこの2年間で25パーセント減少していることについても同時に発表されている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

VIC州選挙 労働党が3期目続投

【VIC27日】   26日に行われたVIC州選挙の結果、労働党の政権続投が決まった。ダニエル・アンドリュース氏が3期連続で州首相…