生活

ストームの季節間近「NSW住民は警戒を」SES

【シドニー1日AAP】   雹を伴う嵐や大雨洪水の季節が近づいてきていると気象庁が発表しており、NSW州全土の地域でストームの季節に備えるように同州の緊急サービス(SES)が呼びかけている。

 

SESは過去3カ月で5600件のストームによる損害に出動しており、昨年は3万4000件以上の損害があったという。

 

デビッド・エリオット緊急サービス相は、夏のストームの季節に備えるように州民に呼びかけており、「山火事の中を歩いて行ったりすることはない。洪水の時には車を運転しないように」と災害時の危機管理の必要性を訴えた。

 

NSW州ではストームの予測がされている中、国内のほとんどの地域では今年の春は例年より暖かくて乾燥すると見られている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

死者2人不明7人 NSW山火事

【シドニー9日AAP】  NSW州の地方火災サービス局(RFS)によると、グレン・インズ(Glen Innes)近くで発生しているカンガワ…

一般

山火事に注意 NSW州中北部

【シドニー7日AAP】  NSW州の中北部では7日、気温の上昇と強風により、山火事の危険性が高まったことから、山火事の緊急警報…

生活

600校以上が休校措置 NSW

【シドニー11日AAP】   NSW州で壊滅的な火災の危険が予想される12日、同州の600校以上が休校措置を取った。 同州各地で山…