国際

「プーチン氏居合わせてもG20に出席」 豪首相

【ACT6日】   インドネシアのウィドド大統領は、11月にバリで開催するG20首脳会議にロシアのプーチン大統領を招待した。アルバニージー連邦首相も、出席する意向を発表した。

アルバニージー首相は6日、「世界経済が不確かな中、G20の仕事は非常に重要」「プーチン大統領の出席は懸念されるが、インドネシアと良い関係を維持する必要がある」と話した。また、「過去にオーストラリアで行われたG20サミットにプーチン大統領が出席したが、彼のスタンスに合意するわけではない」「プーチン氏の行動は忌まわしく、違法で、国際法をねじ曲げた茶番だ」と加えた。

プーチン大統領は4月、ウィドド大統領との会話でG20会議に出席する意向を表明した。インドネシアはまた、G20か国ではないがウクライナのゼレンスキー大統領も招待している。

アルバニージー氏は、首相就任後初の二国間外交訪問として3日間インドネシアを訪問中。ボゴールの大統領官邸でウィドド大統領とサイクリングを楽しんだ。

ソース: news.com.au – Albanese confirms he will attend G20 even if Vladimir Putin is there

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

国際

中国首相、7年振りに豪訪問

【SA16日】   中国の李強首相は16日、SA州のワイナリーを訪問した。17日は首都キャンベラでアルバニージー連邦首相と公式会…