生活

国内の規制より一層厳しく 新型コロナ

【キャンベラ25日AAP】   国内で新型コロナウイルス感染者数が急増するなか、連邦・国内各州・地域首相らは、さらに規制を厳しくすることで合意した。

25日午後12時から始まる新たな規制では、結婚式はカップルと執行者、証人2人の5人のみ。葬儀は最大10人まで。住宅のオープンハウスやオークション、屋内外でのマーケットも禁止される。

店舗ではビューティーサロン、脱毛サロン、タトゥー・パーラー、マッサージ店が新たに閉鎖されると決まった。カフェやレストランからの持ち帰りは可能だが、ショッピングセンターではフードコートに座れない。図書館やプール、美術館やコミュニティセンターも閉鎖する。

理学療法(フィジオセラピー)など健康に関連したサービスは行ってよい。屋外のブートキャンプやトレーニングは、最大10人まで。

各州政府は、公園や自宅に親が集まって子どもを遊ばせるなどにも、規制を発表する見通しだ。

連邦政府はまた、政府関係者などを除く海外への渡航を禁止する。渡航中止の勧告が発令された以降も少数だが海外に旅行する人がいるためだ。

学校に関しては、安全な場所であり、働く保護者は子どもを登校させることができるとの姿勢を保っている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

SA州、NSW州との州境再開へ

【SA22日】   SA州は、22日中にNSW州で新型コロナウイルスの市中感染が確認されなければ、24日から同州との州境を再開すると…